銀塩写真・オールドカメラのらりくらり漫遊記
| ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
child's play
Untitled

"child's play"には非常に簡単なこと、たやすいこと、という意味の他に、ささいなこと、という意味の使われ方もあるそうで。
「些細」というブログを書いていた歌人・笹井宏之さんの短歌から、一首。


公園でひたすら脱臼しあってる恋人たちに降れよ 星とか  笹井宏之



にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
夢の中の風景
Untitled

単なる多重露出…だと思うのですが、記憶が曖昧。
光量が足りずぶれていて、かつ光線漏れが重なってこうなった可能性も微レ存。

多重露出は夢の中の風景のような眺めを作り出すこともあって興味ありですが、
現状「興味あり」レベルで留まっております。


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
コスモスの中
Untitled

さいきんのコスモスは咲いてる時期が秋ばかりでもないような。
キバナコスモス、チョコレートコスモスなんてのもよく見かけるようになりました。
コスモス、って字に書くとなにか不思議な感じがするのは気のせいだろうか。

風船をつれコスモスの中帰る  石原八束


花の「中」を、という時にコスモスはもっとも説得力のある花かもしれません。
わーっと群生した花のなかを歩いてる絵が浮かぶ。


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
裏窓
Untitled

裏窓から鳥を眺める。

狩れるかどうかはともかく、鳥を見るのは好きなようです。
岩合光昭さんの『世界ネコ歩き』を見てると、興奮してテレビ台に飛び乗ろうとすることがしばしば。



にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
根こそぎ
Untitled

根が土を摑むさまを見るとふるふるします。



にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
森へ還らむ
Untitled

帰ろかなー帰るのよそうかなーという歌が北島三ちゃんの歌だったと知って軽い衝撃を受けています
(画像にはまったく関係のない話です)


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
雪に鉄塔
Untitled

雪かきで普段つかわない筋肉が悲鳴をあげております。



にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
かさかさ
Untitled

午后ふかい公園の地面を、

西日に追われて帰って行くようにころがる落葉が、

風の加減で止まったりくるくる廻ったりするところを見ているのは、

楽しいけど寒い(笑


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
昭和の窓
Untitled

障子は明かり取りであり、間仕切りであり、ドアでもある。

なのに「窓」感がとっても強い。



にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
林の中の象のように
Untitled

タイトルは釈迦の語録の形式を取った法典「法句経」の一節だそうで。
文節ごと引用すると以下のようになります。

三三〇 寧ろ獨り行くを善しとす、愚者と侶なる勿れ、獨り行きて惡を爲さざれ、少欲にして、林中の象の如く。
荻原雲來訳註「法句經」青空文庫より



なにか静かな気持ちになる一節です。


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


127 Agfa Isoly - trackbacks(0)
| 1/3 | >>