銀塩写真・オールドカメラのらりくらり漫遊記
| ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
粥腹
Untitled
粥腹のやうやうに垣繕ひぬ  岸本尚毅


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
消えたTHE
Untitled
邦題になるとき消えたTHEのような何かがぼくの日々に足りない  木下龍也


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
置いてかれたんじゃなく
Untitled
置いてかれたんじゃなく好きで残ってる好きで残って見てるあめんぼ  岡野大嗣


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
(桜は夜だ)
Untitled
隠れてゐた本が出て来た今ごろぢや遅いと叱る(桜は夜だ)  岡井隆


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
そらのけはひ
Untitled
泣きながら北に馳せゆく塔などの
あるべきそらのけはひならずや  宮沢賢治


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
黒瞳
Untitled
夕狩の野の水たまりこそ黒瞳  金子兜太


金子兜太氏が逝去されました。私は氏のあまりよい読者ではなかったと思うわけですが、時折急激にあらわれる奇妙に繊細な感覚が印象鮮明なものでした。

にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
春雪
Untitled

をさなさははたかりそめの老いに似て春雪かづきゐたるわが髪  大塚寅彦


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
彌生町
Untitled
午後四時の暖簾をくぐり夜まではまだあり吞めるところまで吞む  宇田川寛之


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
雨の文
Untitled

熱帯性の睡蓮です。
睡蓮のすき間の水に雨の文  富安風生


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
燃える秋
Untitled

紅葉がほんとうに綺麗だな、と思う瞬間ってかなり短いんだなあ、と
撮影をするようになってあらためて思うものであります。

明日撮ろう、なんて思ってるともう散って、影も形もなかったりします。


にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ



120 Zenza BronicaS2 - trackbacks(0)
| 1/5 | >>