銀塩写真・オールドカメラのらりくらり漫遊記
| ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
on the street corner
Untitled

建設途中のビル、の隣のビルの排気ダクトが露わになっております。

エアコンの室外機と並んでると、その巨大さがよくわかっちゃいますね。

コンクリートジャングル、ってもう死語でしょうか。






にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


135 canon T-70 - trackbacks(0)
蓮の中の蓮
Untitled

正確にいえば「睡蓮の中の睡蓮」ですが。
今年は撮影に行けないかも…
ってことで、去年の花です。

だいたいこんなに暑くては、蓮池はどんな具合になっていることやら…
今年こそは、行田の古代蓮も見てみたかったんですけどねー
夕方のニュースで見ましたけどね、花がでかいんですよね。






にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


135 canon T-70 - trackbacks(0)
停車場
Untitled

サックスとトランペットが…

にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ





 
135 canon T-70 - trackbacks(0)
猫とカメラ(1)
Untitled

フィルムカメラで猫を追いかけるのはなかなか難しいものです。
露出を測ってるあいだにどっか行ってしまったり、レンズを怖がりもせず、近寄りすぎて写せない〜なんてこともしばしば。
平和に暮らしている彼らをおびやかすことにだけはならないよう気をつけよう、
とは思うものの、気配を察すると変な声を出しながらちょっとずつ近づいていってしまいます。
(あら〜とか、にゃわ!とか。ただの危ない人ですね)

だからこそ、奇跡のように(ちょっと大げさ)残った画像が、
よりいっそういとおしいのですが。

にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


135 canon T-70 - trackbacks(0)
公園の猫
Untitled

昭和記念公園の猫。
人なつこいけれどそれなりに警戒心アリの茶白(手前)と、
警戒心ほとんどナッシングの黒白(奥でお手入れちゅう)の、
あざやかな対比(笑)

にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


135 canon T-70 - trackbacks(0)
夜が来るまえに
Untitled

はやく帰らなくちゃ。

にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


135 canon T-70 - trackbacks(0)
桜と団地
Untitled

去年の埼玉県・柳瀬川の桜。
ここは団地と桜と河川敷という夢のような取り合わせの場所で、
この時期の週末は嘘みたいに人がたくさん集っている。

いわゆる名所というんじゃなくても、並木道と川原と、ちょっと座ってもいい場所があれば、
それが最善の花見なんじゃないかと思います。

にほんブログ村 写真ブログへ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ


135 canon T-70 - trackbacks(0)
骨董市は楽し


カメラ目的だけでなく、骨董市をぶらぶらするのも趣味のうちです。
先日は松屋の世界の中古カメラ市に行ってきました。
今回はボディのお買い上げはなし、消耗品や周辺品をちょっと買いのみ。
コニレットをやけによく見かけました。

今回は出足が早かったためジャンク台にまだ品物がたくさんあって、そこにいた時間が一番長かったような。
そこで見かけたベビーイコンタを最後まで悩んで購入せず。
だって本気で欲しいから、状態を確認できるところで買いたいんです…(ジャンク台は説明してもらえないので)

画像はいつかの大江戸骨董市の様子。
けっこう寒い日でした。
暖かくなったら、また骨董市、昭和建築巡りを再開です。

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ

135 canon T-70 - trackbacks(0)
諸行無常の響きあり
Untitled

PEN EE3→Yashica-D→RICOH Super44→ボックスカメラ(この項はまた別記事で)ときたあたりで、レンズ交換可能なカメラもいじってみたいです、と家の者に相談したところ、手渡されたのがT-70でした。

なんとその頃家の者がまとめて買ったジャンクの中に入っていたオマケという位置づけ(!)だったのですが、わからんちんの私にとっては全然問題ありません。
というか、往事はそれなりに人気の機種だったはず…。栄枯盛衰、時の流れの無情さに一瞬目頭が熱くなりました(←かなり盛ってます)。

標準レンズで撮影に赴き、けっこう暗くなるまで頑張ってみた。
シャッター速度やプログラムの切り替えをボタンで行うというのが煩雑ではありましたが、思った以上に頑張ってくれたと思います。

ただしオートワインダーは本当にうるさいです。静かなところで撮ってると気がひける程度に音が響きます(笑)




にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 銀塩写真へ

JUGEMテーマ:フィルムカメラ
135 canon T-70 - trackbacks(0)
<< | 2/2 |